乳腺炎の時は冷やすの?温めるの?

乳腺炎の時は冷やすの?温めるの?

 

乳腺炎になると、冷やすのが良い、温めるのが良い、
あるいは冷やすのは駄目、温めるのは駄目、と言う話を良く聞きます。

 

果たしてどちらが正解なのかと迷うものですが、これは症状によって使い分ける、というのが正解です。

 

では一体どんなときに冷やし、どんなときに温めるのが良いのでしょうか。

 

 

乳腺炎、こんな時は冷やすべし

 

まず冷やす対策ですが、乳腺炎による炎症がひどいときは冷やすことが大切です。

 

特に乳腺炎の症状が本格的に進んでしまった場合や重症化してしまった場合は冷やすことが大切です。
ただ、何か特別な事情がない限り、乳腺炎は赤ちゃんに母乳を吸ってもらうのが
最善の方法ですから、母乳を与える直前に、少しだけ温めるのはかまいません。

 

冷たいおっぱいよりも、温かいおっぱいのほうが赤ちゃんも驚きません。
冷やすときは必ずタオルで保冷剤をくるんで使用するか、冷えぴたシートを張るようにしましょう。
シップや氷嚢を使うと冷やしすぎることになりますので、使用は避けるようにしましょう。

 

 

乳腺炎、こんな時に温めろ

 

では温める対策ですが、おっぱいが痛みを訴えておらず、
炎症を起こしていない場合は温めるようにしてください。

 

乳腺炎の症状は様々で、根元のほうにしこりがある、痛みがある、全体的に腫れている、
しこりはあるけど腫れていない、熱はないという場合は温めることで循環が良くなりますから、
後は授乳回数を増やしてみてください。

 

実は冷え性を持つママに多く見られるトラブルにしこりができる、
乳腺炎になるということがあるのですが、血液循環が悪いことが原因とされています。

 

ですからこういうときは温めることで母乳の出も変わり、乳腺炎対策となるのです。

 

乳腺炎は自己判断で冷やす、温めるといった対策を取ると失敗し、
余計に症状がひどくなってしまうことがあります。

 

実際に乳腺炎がひどくなり、助産師に相談したところ、
間違った対策を取っていると言う女性は多いのだそうです。

 

乳腺炎の状態を見て、母乳がどろどろで詰まっているときは炎症を起こしやすいので冷やし
、そうでない場合は温めると考えてください。