乳腺炎の前兆には早めの対処を!

乳腺炎の前兆には早めの対処を!

乳腺炎前兆

 

乳腺炎に前兆があれば対処もしやすいですよね。
乳腺炎の経験者であれば、どのような状態があれば乳腺炎になりかけているか
前兆を読み取ることもできますし、対処の仕方も分かるでしょう。
ですが乳腺炎を経験したことがない方や、元々乳房が張りやすい人は前兆に気づくのが難しいかもしれません。
では乳腺炎に前兆はあるのでしょうか、また対処法はどのように取ればいいのでしょうか。

 

乳腺炎になりかけの状態とは?!

 

医学的には乳腺炎の前兆、なりかけの状態をうつ乳というそうです。
これは乳管が狭くなり、腺房の中に母乳が溜まることでしこりと成り、痛みを伴います。

 

実は3割のママはこのうつ乳を経験したことがあり、乳管を開通してあげれば症状も和らぎます。
たいていは自然治癒が多く、授乳を根気良く続けること、リズムを持つこと、食事内容に留意することが大切です。

 

つまり対処法としてはとにかく授乳を続け、赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうこと、
その際赤ちゃんはしっかり吸い付いているか、いつも同じ格好で飲ませていないかチェックしましょう。
そして飲ませるのはしこりの症状を発している方の乳房からにしてください。

 

体には休養が大切ですから、ゆったりとした時間を持ち、水分補給として水やお茶を飲みましょう。
逆に塩分や脂肪分は控えてください。
中には前の日ステーキやおすしを食べたらすぐに乳腺炎の前兆が見られるという人もいます。
痛みや腫れが集中しているようなら冷やしてみるのもいいでしょう。

 

衣類や洋服にも気を使う事

 

着るものも見直してみてください。
体を圧迫するような下着類や衣類を身につけていないでしょうか。

 

ゆったりとした授乳用ブラジャーに切り替えてみてください。
また乳首に亀裂などのトラブルがあるという方は医師に相談しながら対処していきましょう。

 

マッサージをしてもいい、という意見もありますが、このマッサージは痛みを伴うような強いものではいけません。
桶谷式のように、痛みを伴わない優しいマッサージが有効です。
もし不安であれば市区町村の健康相談センターやかかりつけの助産師さんに相談してみてください。

 

>>実際に乳腺炎になってしまった時の治療法はこちら