乳腺炎の原因となりやすい食事まとめてみた

乳腺炎の原因となりえる食事をまとめてみた

乳腺炎食事

 

乳腺炎は非常に辛い症状ですが、
実は食事の内容で乳腺炎になりやすいか、なりづらいか変わってきます。

 

多くの妊産婦さんは産後の指導で授乳中の食事指導を受けますが、
その中に乳腺炎を防ぐ食事のヒントが隠されているのです。

 

では一体どんな食事が乳腺炎の原因となるのかと言うと、脂っこい食事や餅になります。

 

 

なぜ脂っこい食事や餅がいけないのか?

 

なぜ脂っこい食事や餅が乳腺炎を引き起こすのか、それぞれの原因についてみてみましょう。

 

まず脂っこい食事ですが、これは母乳の仕組みを知れば理解できるかと思います。
母乳は実は母親の血液を原料としており、血液がサラサラであれば乳管の通りも良く、母乳も出やすくなります。

 

ところが血液をドロドロにしてしまう脂っこい食事は
母乳が詰まる原因にもなりますので、乳腺炎につながってしまうのです。

 

餅についてですが、日本人は昔から餅を多く食べてきましたし、
餅は母乳をたくさん出すのに良いと言われていますから、一見乳腺炎には関係ないように思えます。

 

ところがこの母乳が出すぎることに問題があり、乳管の太さは決まっているのに
そこに一気に大量の母乳が流れ出すと、行き場を失った母乳が詰まってしまうのです。
あまりたくさん母乳が出すぎるのも、胸が張って痛くなる原因となり、
放っておくと乳腺炎につながってしまうので危険
です。

 

 

悪い食事の例はこんな感じ

 

食事の例としては天ぷらやから揚げなどの揚げ物、ケーキやマーガリンやクリームたっぷりのサンドイッチ、
などといった油を使うものから乳脂肪分の多いものが挙げられます。

 

他に団子や白玉善哉、お正月のお餅も食べすぎには注意が必要ですから、芋餅などで代用すると良いでしょう。
もし食べ過ぎてしまったかな、と思ったときはごぼう茶や母乳の流れを良くするハーブティなどを試してみるのもお勧めです。

 

まったく食べてはいけないとなればストレスがかかって逆に体に悪いですから、
ごぼう茶やハーブティと併用しながら乳腺炎の原因となる食事と上手に組み合わせていくことがお勧めです。

 

 

>>実際に私が飲んでみた効果のあったサプリはこちら