乳腺炎に効く市販の薬はどれ?

乳腺炎に効く市販の薬はどれ?

 

乳腺炎の症状は辛く、一刻も早く病院にかかりたいと思うものですが、
事情があって病院に行くことができないと言うママもいますね。

 

そんなとき、熱や痛みなどを和らげるために市販の薬が使えたらと思うものです。

 

もちろん市販役の中には授乳中にも飲める薬はありますし、乳腺炎のときに効果のあるものもあります。
では一体どんな薬なら飲んでも良いのでしょうか。

 

 

高熱、痛みも酷い時

 

熱が高く、痛みもひどいときに飲む解熱鎮痛剤として知られているのがアセトアミノフェンを含む市販薬です。

 

アセトアミノフェンは赤ちゃんが熱を出したときにも処方される薬の成分ですから、
ママが飲んでも問題ありません。

 

アセトアミノフェンを配合している市販薬として知られているのは
タイレノールAという薬で、amazonで安く買えます。

 

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠

新品価格
¥957から
(2015/5/27 11:41時点)

 

また熱が高い、皮膚が赤くなっているという場合は
カロナール、ブルフェンといった薬が処方されますが、これと同様の薬がタイレノーAになります。

 

 

初期症状の時には葛根湯

 

そして乳腺炎の初期症状に最も効果的といわれているのが葛根湯です。

 

葛根湯というと風邪の初期症状に効果的な薬と思われていますが、
乳腺炎を治す力を助ける漢方薬になりますので、授乳中でも安心して飲める薬です。

 

葛根湯の役割は乳腺炎を治すのではなく、
回復力を高めることにありますので、治す目的に使用する意識は捨てましょう。

 

結局、抗生物質や安全性の高い薬の処方は医師がしてくれますので、
症状が治まらないという場合は医療機関を受診することが大切です。

 

その際はフロモックスなどの抗生物質を処方してもらえますし、
赤ちゃんでも飲める薬ですから安心です。

 

場合によっては授乳を制限されたり、中止するよう言い渡されますが、
まだ離乳食も始まらない、母乳に頼る赤ちゃんを育てている場合は医師に相談してみましょう。

 

また葛根湯やタイレノールAは授乳しながら飲める薬ですが、不安な場合は授乳を避け、離乳食やミルクで対応するようにしてください。

 

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包

新品価格
¥1,200から
(2015/5/27 11:44時点)

 

 

根本を正すならごぼう茶やサプリの常用

 

上記2つは、それぞれ悪化してしまった時の対処ですが、予防策としては普段から
サプリやゴボウ茶を飲むのがおすすめです。

 

どちらも血液をサラサラにする効果があり、乳腺炎用のものも発売されています。

 

;;

 

>>乳腺炎治療より効果があったごぼう茶はこちら

 

 

 

>>乳腺炎治療に効いたサプリはこちら